女の人

築きあげてきた城を明け渡す時が来たなら株式譲渡に依頼

株式会社の引退の選択肢

ビル

中小の株式会社を経営しているオーナーは、その会社の大株主となっていることがほとんどです。引退するさいの選択肢としては、廃業してしまうか後継者に事業を譲るといった方法があります。廃業の場合には経営が上手く行っていない場合などにメリットがありますが、経営が上手く行っている場合には社員の雇用が失われますし、会社が持っている負債を精算しなければならないなどデメリットが多く発生します。このため経営が上手くいっている場合には後継者に事業を譲ることになりますが、このさいに一般的には株主も辞めて、新しい経営者に株式譲渡を行うことになります。株式譲渡は有償で行われるのでオーナーにとっても、退職金代わりのお金が手に入るメリットがあります。

株式譲渡のメリットとしては、会社経営をやめるオーナーにとっては会社を精算するのと比べて手続きが容易であることがあります。またもっとも大きいのが譲渡益の税率が、通常の個人の株式取引における申告分離課税となっており一律20%となっているので、譲渡よって発生した利益に対しての税金の支払いが少なくて済みます。なお、株式譲渡をした時点で、その会社の経営権は失われるので会社の経営に口出しをするといったことはできなくなります。このため株式譲渡は完全に経営から引退するさいに行う必要があります。また株式譲渡は厳格に行う必要があるためM&Aなどを手がける仲介業者に仲介してもらう方が安全に株式譲渡を行うことができます。

経営が行き詰まったら

メンズ

株式譲渡とは企業のオーナーが別の会社や個人に経営権を譲ることを意味します。基本的には会社の経営が上手くいかなくなったり、現金をすぐに必要とするときに行われます。利点はオーナーや従業員のそれぞれの立場に応じてあります。

詳細

譲渡制限を確認して

男性

株式譲渡は中小企業のM&Aで行われる経営権の譲渡のことを言います。手続きが比較的簡単ですが、譲渡する前に譲渡制限が設定されていないか確認しましょう。それから、承認が必要な場合は取締役会からなのか株主総会からなのかもチェックすることです。

詳細

手続きを踏まえよう

握手

会社を設立するときには株式発行して資金を集めます。そうして設立すると、筆頭株主が代表取締役になります。経営を次の人に引き継がせたいときには株式譲渡をすることで事業を譲ります。手続きは複雑なものは一切ありませんので、M&Aにおいても行われています。

詳細