譲渡制限を確認して|築きあげてきた城を明け渡す時が来たなら株式譲渡に依頼
男女

築きあげてきた城を明け渡す時が来たなら株式譲渡に依頼

譲渡制限を確認して

男性

株式譲渡は企業間で行われる経営権の譲渡のことです。会社の所有者は買い手の企業と株式譲渡契約書を締結した上で株式を売却します。すると買い手から株式の代金が支払われます。そのあとは会社の株主の名前を変更すれば手続きは完了です。中小企業のM&Aで行われるものはほとんどがこの株式譲渡です。手続きに難しいものは一切ありませんが、買い手を見つけることが難しいです。財務内容が健全な状態であれば買い手も多くいますが、そうではない場合は買い手を見つけにくいです。しかも、従業員のことをきちんと考慮してくれる企業でなければいけません。具体的にはこれまでやってきた事業を引き続きさせてくれる企業です。労働環境が大きく変わると社内に混乱が起こりますから。

株式譲渡で知っておくべきこともあります。それは株式にそもそも譲渡制限というものがあることです。大抵の企業はこのような制限をもうけています。これは株式譲渡をするには会社の承認を得ることができなければできないという制度です。オーナーの気分で自由に株式譲渡ができないようにあらかじめ設定しているのです。株式譲渡を考えている人は定款で制限の有無を確認しましょう。制限があれば承認を得ることから始めましょう。誰から承認を得るかは会社によって異なりますが、ほとんどの場合は取締役会です。取締役会がない会社の場合は株主総会になります。承認を得た後に譲渡手続きを行います。買い手は譲渡を終えた後に想定外のトラブルが起こらないように契約にはくれぐれも慎重を期しましょう。